ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

木版のパン

鎌倉の『mar』という小さなお店にあった、パンの木版画を使った雑貨です。
木版の工程をあまりよく知らないのですが、幾つかの版を作って、色をつけて重ねていくんだそうです。
それにしてはこの、水彩画のようなキメ細やかな線と色使い!!
感動♪♪
素人のワタシにもその作業の丁寧さが伝わってきます。
↓来年のカレンダー。
小さな卓上用の方を買ってきたけど、やっぱり思い切って大きい方にすればよかったなぁ;;;
一番好きなのは2月のカンパーニュ♪
中央の窪み加減と、まわりの白い粉が素晴らしい♪
でも、この、立体的で温かな感じは、やっぱり、木版画のなせる技、なのかもしれませんね。
e0171951_8594238.jpg


おいしそうなクロワッサン!美しい!
こうして飾るとパン屋さんにでもなった気分♪
e0171951_8595021.jpg


食パンのハンコもありました♪
e0171951_8595880.jpg


彦坂木版工房さんの作品で、作っているのはまだ20代の若い女性の方だそうです。
他にも手ぬぐいとか、ポチ袋とか、カードがありました。
[PR]
by sibafuki | 2012-11-30 09:18

だれですか?

ん?
だれですか?
白くて丸くてふわふわ。
可愛いね♪
そういえばポッちゃんも、白くてふわふわしてたなぁ・・・

e0171951_932563.jpg


・・・と思ったら。
なんと、この子、ポッちゃんですって!!
うっそ;;;
よければ11月10日のブログを見てやってください。
まるで、別人(別犬?)!

プードルって、カットでこんなに変わるんですね。

柴はどうしたって、柴ですが;;;

ポッちゃん、また、お正月にホームステイに来るそうです。
わーーい♪
楽しみーー♪
[PR]
by sibafuki | 2012-11-28 09:12

至近距離で・・・

ホットカーペットに続いて、ついにファンヒーターも稼動。
そしたら。
さっそく、この有様です。
毎年、その至近距離にはハラハラさせられます;;;
e0171951_21475969.jpg
↑洗濯物たたんでたの・・・



あごの重みはかなりのもの・・・
e0171951_21481042.jpg
それにしても、ふくよかな娘の手。
ポッチャリさんてことが一目瞭然、ですね。
[PR]
by sibafuki | 2012-11-24 21:54 | ふきちゃん

ゆるゆると・・・

日中は穏やかで、日差しも暖かかったので、ふきちゃんはデッキで気持ちよさげに過ごしておりました。

向かいの家ではご主人が、早くも網戸を取り外して洗っていました。

そうだよねーー
こんな日にこそ、大掃除すればいいんだよねーー
寒いのはイヤだしさーー

・・・と思いつつ、結局、ふきちゃんとゆるゆると過ごしてしまいました;;;

e0171951_20581468.jpg
e0171951_20583076.jpg



小松菜の塩昆布和えにハマっています。
ゴマ油を少したらすのがポイント。
お弁当の一品にも最適。
飯島奈美さんのレシピです。
e0171951_2185793.jpg

[PR]
by sibafuki | 2012-11-21 21:11 | ふきちゃん

また、窓。

e0171951_621229.jpg
こちらは玄関横の窓です。
去年買って、居間の扉に飾ったリースを今年は外へ。
鳥につつかれないか、ちょっと心配したけど、今のところ関心ないみたい。

ここだけ写すと、すっきりして見えるけど、見えない周囲はごちゃごちゃしております;;;
[PR]
by sibafuki | 2012-11-21 06:27

出窓

e0171951_9271767.jpg

ここは台所の出窓です。
今は、誕生日に貰った、りんごの形のバスケット?を置いてます。
中身もりんご。
ダッフィーが座ってるときもあるし、花を飾るときもある。
この出窓、家の側面に向いていて、人通りもあまりないので、目を向けてくれる人はほとんどない。
空き地越しの道からは、遠くて、たぶんよく見えないと思うし。

安房直子さんの童話に『夕日の国』というお話がある。
男の子がスポーツ店をやっているお父さんから、小さなショーウィンドウのディスプレイを任されるところから始まるお話。
男の子は、オレンジ色の壁紙を貼って、縄跳びのひもと運動靴を飾る。
縄跳びをしながら、遠いオレンジ色の国へ行こう、そんなテーマ。

男の子が任されたのも、行き止まりの横丁に面した、人目にはほとんど触れることのない、小さな窓。
家の台所の出窓に何かを飾るとき、いつもこのお話を思い出す。

安房さんの童話は温かくてほのぼの・・・とは、ちょっと違う気がする。
心がザワザワとして、なんとなく薄ら寒いような気さえするときもある。

『夕日の国』はもうずいぶん前に読んだお話だけど、なぜかよく覚えている。
[PR]
by sibafuki | 2012-11-19 09:47 | 本棚

クリスマス柄、直感。


先日、新宿まで出たので、かまわぬで手ぬぐいを買いました♪
クリスマス柄ですよ。
タイトルはスノードームとなってました。
e0171951_8362895.jpg



広げてみると、こんふう。
水通しして、さっそく使おう♪
e0171951_8364316.jpg



ロマンスカーの時間が決まっていて、10分も余裕がなかったので、店内をさーっと見渡し、ほぼ直感で選びました。
いつもはゆーーっくり、決して広くはないスペースをうろうろしながら、迷いに迷って選ぶんだけど。

うーーむ、そうか、やっぱり・・・こういう感じが好みだったんだな。
[PR]
by sibafuki | 2012-11-14 08:48

冬へ。



寒くなってきたので、ふきちゃんのベッドにも暖かい敷物をかぶせました。
e0171951_8312635.jpg




前足を温めてるの?(まさか、ね。)
どことなく、カピパラっぽい。
e0171951_8319100.jpg

[PR]
by sibafuki | 2012-11-14 08:35 | ふきちゃん

運動会だワン!

江戸川河川敷に来ています。お天気がよくて気持ちいい~~♪
なんか、金八先生を思い出しません?
あれは荒川、でしたけど。。。
e0171951_6493490.jpg



おや、なにかやっているようですよーー
な~んて、実は、娘の通う専門学校の運動会です。
ということは・・・
e0171951_6495092.jpg



いました!!
ポッちゃん♪
ウォーリースタイルでおしゃれだわーー
頑張って走るんだよ!
ここで応援してるからね。
e0171951_6515713.jpg






人も犬たちも、なんて楽しそう♪♪♪
大きい子たちは走ってると迫力アリ!
でも、ハンドラーさんの指示に従って、ごろ~んなんてしてる姿はメチャクチャ可愛い!!
ポッちゃんもきっと、張り切ってることでしょう!
e0171951_6521841.jpg



あれ・・・
止まってる。
e0171951_6534045.jpg



ハハハ、こっち、見てるし;;;
いつでも、どこでも、マイペースなポッちゃんなのでした。
そんなところも愛されポイントなのでしょう♪
e0171951_6531053.jpg



久しぶりの運動会観覧♪
片道、3時間近く!かかり(奈良に行くのと一緒じゃん!!)ちょっと疲れましたが、めったに見れないワンコたちの運動会。
見てるこっちも楽しくなりました。

帰りはロマンスカーで、ゆず聴きながら、到着駅まで気持ちよく zzz・・・
[PR]
by sibafuki | 2012-11-10 07:14

そして、京都

二日目。京都。
帰りの新幹線が4時半なので、さっさと行動しなければなりません;;;
そして、この日は目的の場所がありました。
オープンが12時なので、そこへ行く前にこちらに。


e0171951_10241225.jpg
手提げ型の看板が個性的。
一澤信三郎帆布にやって来ました。
写真左下の壁に、黄色いモノが写っているでしょう?
これ、郵便受けですよ。もちろん帆布製です。
なんとカワユイ♪
言うまでもなく、ワタシもお気に入りの一つを見つけました。
黒いフラットな斜めがけのポシェット。
素材が麻なので、ちょっと大人っぽい雰囲気です。アラフィフを意識してみました。



e0171951_10243738.jpg
こちらは信三郎帆布のすぐ近くにあったお寺。
知恩院です。
友人はしっかりご朱印を頂いたというのに、私のご朱印帳はキャリーにしまったままコインロッカーの中。
マヌケとしか言いようがありません;;;



e0171951_1025252.jpg
そして。
ついにやってきました、今日の目的の場所♪
こちら、ミナペルホネンの京都店です。
東京にもお店がありますが、行ったことないので、この日が初ミナ♪
そして偶然にも、限定バッグを発売する、という事前情報を得ていたので、あらかじめ整理券も手に入れて、準備万端♪
あぁ、憧れのミナで、憧れのバッグが、ついにワタシの元に♪♪♪
今まで、雑誌で眺めて、うっとりしているだけだったミナのバッグ。
大切にしよう。でも、持たなきゃ意味ないよね。
嬉しいなぁ~~、本当に可愛いんだよ~~

ちなみに、こちらで買ったバッグはまるでアラフィフを意識しておりません!!



奈良~京都、一泊の短い旅でしたが、心ときめくことがたくさんありました。
なにより・・・気の許し合える友人と一緒だったことが、きっと何倍も旅をいいモノにしてくれたんだと思います。

そして、いつも思うけど、気持ちよく送り出し、安心してふきちゃんを任せられ、お帰りと言ってくれる夫と娘に感謝です。

ありがとう。


e0171951_10253926.jpg
バイバイ、せんとくん。また、きっと、来るよ♪
[PR]
by sibafuki | 2012-11-06 11:09