ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

カテゴリ:こけし( 28 )

一年経って。

木目模様の美しいこけしが届きました。
宮城県の遠刈田温泉から。
作ってくれた工人さんは佐藤良子さんといいます。

お願いした七寸は
「あまり作らないんだけどもーー」
「忙しいので時間がかかってもいいのなら」
と、半ば無理矢理?承知してもらったのがちょうど一年ほど前の話。
年が明け、春が過ぎて、お願いしたこともあまり思い出さなくなっていた近頃でした。

丁寧なお手紙も同封されてました。
佐藤さんご夫婦の工房には全国から足を運ぶ方が絶えないらしく、日々その対応で製作の時間の確保が難しいそうです。
でも楽しく過ごしています、これからもまだまだ頑張ります、と締めくくってありました。
75才というのはこけし工人さんの中ではまだまだ中堅層、なのでしょうか?
ぜひ、お元気で作り続けて欲しいです。

忘れずにいてくれてありがとうございます。
木目模様の端正で素朴な感じと、美しい赤に目が奪われますよーー
e0171951_8513939.jpg

e0171951_850599.jpg



オマケでやってきた小さいコは2センチほどなのに、こんなに丁寧な仕事ぶり!
素晴らしい!
e0171951_852237.jpg


もっともっと、日本が自慢してもいい仕事だと思うけど、こうして静かに真面目に作り続けてることも、心ひかれる理由なんだと思う。



[PR]
by sibafuki | 2014-07-10 07:13 | こけし

好きと、そうでないものと。

e0171951_21222521.jpg

今年初のこけしは山形のこけしです。
胴体模様の花びらに塗られたピンクが新鮮なのと、凛とした落ち着いた表情に惹かれました。
そうなんだ、こういう雰囲気好きだったよなぁ、私は…
最近自分の好きが、ふらふらと定まってなかったかもなぁ。

当たり前だけど、好きな基準は人それぞれにある。
よその誰かの、あ~素敵だなぁ~と思うセレクトも、自分の居心地の良さを思うと少し違っていたりね。

自分の暮らしているスペースを見渡してみると、ごちゃごちゃしてる場所もあったり、統一されてなかったり、とてもじゃないけどインテリア雑誌の写真からはほど遠い。
好きなものだけに囲まれてるわけでもないし…

でも好きじゃなくても、必要なものなら、あって便利なものだと思うなら、抱えていってもいいかなぁって思う。
そのくらいの曖昧さは容認できた方が生きやすいし、わかり合える気がする。

無理せず、しかし好きを見失うことなく、身の丈にあった、自分たちの気持ちに添った暮らし方をしていきたいなぁ。

あれ~、こけしの話だったのになぁ~?

[PR]
by sibafuki | 2014-01-24 18:15 | こけし

こけし談義

e0171951_8381826.jpg

移転のためしばらく休んでいた雑貨店が再開したので行ってきました。
和の雰囲気が漂う落ち着いたお店です。
店主さんも気さくな方。
小さな植木鉢を買った♪

その店主さんとこけしのことで話がはずみ、楽しかったなぁ~
お店にはディスプレイとしてのこけしが何体か並んでいる程度なのですが、こけし話をしに来店するお客さんもいるらしい。
ぜひ、混ぜてください!と言ってきました(*^^*)
e0171951_850536.jpg

[PR]
by sibafuki | 2013-11-21 08:38 | こけし

オークションで。

e0171951_16441123.jpg

オークションで、初めてこけしを落札してみました。
津軽の、長谷川健三さんという工人さんのこけしですが、山形からやってきました。
はるばるようこそ~♪
太い眉に、あっさりした目、鼻、口。
時を経ているので、浅黒くなっている木肌。
純粋で、正直で、働き者の人柄が漂っている気がしますよね♪
胴体模様は、あやめ?菖蒲?
てことは、誕生日は五月かな。
だいぶかすれて、色みも薄くなっているのが、手仕事のさだめというか、、、
でもそれが、人の手の温かみでもあります。
八寸なので、小粒好みの私には大きめな子になります。

あぁ、でも。
やっぱり思うのは・・・
こけしの産地に足を運んで、迷いに迷って選んでみたい、ということ。
いつか、いつか、と思ってばかりじゃ、なかなかその日はやってこないよね。
ふむ・・・(-_-)
[PR]
by sibafuki | 2013-07-05 20:49 | こけし

津軽こけし館から。

e0171951_17192794.jpg
津軽こけし館より届きました。
こけし館のある青森県の黒石市と、岩手県の宮古市は姉妹都市で、震災被害の支援として、チャリティこけしが登場しました。
今年で3回目です。
一口の募金で一体のこけしが送られてきます。
この支援の素晴らしいところは、その内容がきちんと明記されていて、分かりやすいところです。
あ、もちろん、こけしが絡んでいる、というのも、私にとっては大きなポイントですが。
そして、こけし館の人たちやこけし工人さん、地域の人たちの優しさや一生懸命さに打たれます。

e0171951_17204512.jpg
このこけしたちの胴体模様は、津軽のリンゴと、宮古の花、ハマギクです。
表は工人さんが描き、裏のハマギクは宮古に住む一般の人が描いています。
3才から82才までの人たちが参加したそうです。
そういう企画も、実現させるまではきっと大変だったろうなぁと思うし、その行動力や熱意にも打たれますよね。
支援金の一部は宮古で活動する九つの市民団体へも寄付され、その一つには伝統こけしの復活を目指す活動にも充てられるそうです。
嬉しい♪

e0171951_1721113.jpg
私はただ、ささやかなお金を送り、こけしが届くのを待っただけです。
ありがとう、と言いたいのは私です。
100回くらい言いたいです。
だから、こうして、ブログに書くことにしました。
どこかの誰かが、こんな支援もあるのだと知り、興味を持ち、こけし館のサイトをのぞいたり、ブログを読んだり、もし近くなら足を運んでみようかなと思ったり。
そこまでいかなくても、記憶のかたすみに津軽こけし館が残されたり。

そんなことで、私にもほんの少~~しですが、こけし館さんへ協力が出来るのかなと思ったから。

長くなりました。
読んでくれてありがとう♪
[PR]
by sibafuki | 2013-06-21 22:55 | こけし

目白と西荻

目白の明日館です。
菊池亜希子ちゃんの「みちくさ」にちらっと紹介されていたので、なんとなく知っていましたが、とても有名な建物みたいです。
重要文化財、らしいですよ。
なるほど・・・外観からしてクラッシックで、素敵な匂いがプンプンしますよね♪
特にこの、木枠の窓が好きかなぁ♪
e0171951_614381.jpg


ここは食堂。
館内はあまりおおっぴらに撮影してはいけないふうだったので、コソっとチラっと。
六角形の背もたれの椅子が雰囲気にぴったり。
窓も六角形。
シンメトリーとか、六角形にこだわって設計されているそうです。
もとは学校だったので、教室もありました。
おさげ髪にタイツをはいたクラシカルな制服の少女たちが飛び出してきそう♪

写真はないけど、中央のホールがまた素晴らしかった♪
縦に長い五つの窓から差し込む光にうっとり・・・
タイムスリップでもしているかのような錯覚。
あぁ、こんな学校で学んでみたいなぁ♪
・・・女の子に戻って、ね。
e0171951_6144947.jpg


こちら、西荻窪にできた、紅茶とこけしのお店「西荻イトチ」。
e0171951_615671.jpg


お持ち帰りしてきたコ♪
e0171951_6153669.jpg


ちっちゃいのがこんなに出てきたーーー♪♪♪
(実はお店で真っ先に手に取り、真っ先にひっくり返しました;;;)
左から二番目の一番大きいコで、2センチちょっと。
e0171951_615482.jpg
もちろん、ひとつひとつ、工人さんの手描きですよ!!
値段のことを言うのもナンだけど、こんなに手をかけていて、とっても良心的なお値段なんです。
くぅ~、泣ける;;;

駆け足でしたが・・・一人で行くとなぜか焦ってさっさと行動してしまうワタシ・・・楽しい目白&西荻散歩でした。
[PR]
by sibafuki | 2013-05-25 22:13 | こけし

ヨガ体験

先週、ヨガ教室の体験に参加してきました。
自分の体が硬いであろうことは認識していたけど、まさか、ここまで硬いとは;;;
まずは前屈。
なんと、指先がつま先に届かない!
柔らかい人が見たら、真面目にやってないでしょ?って、きっと思うでしょう・・・
でも、すごく一生懸命やってます!
そして、片足を伸ばし、もう片方の足裏を、伸ばした足の膝横につけると、つけたほうの膝が床から浮く。
ショック;;;

そんな、ウソみたいに硬い自分の体に危機感を持ったヨガ体験。
でも、とーーっても気持ちよくて、午前中に1時間半やってきたのですが、その日は一日、体が活動的な感じになって爽快でした。
教室がある建物は高台にあり、大きな窓から海も見えるのです。
そういうロケーションの良さも、気持ちをリラックスさせるのに大切なんだろうなぁ。

鼻から吸った息をお腹に送るというのは、なかなか難しいけど、そうやって意識して呼吸することは大切なんだそうですよ。

鋤のポーズというのがありまして、その日ワタシが体験した中では一番難しそうだったのですが、いつか出来るようになりたいなーー
一足先にヨガを始めている友人は、いともたやすくそのポーズをクリアしたそうですが;;;

その日から朝晩、先に書いた二つのポーズを実行しています♪
そうそう、前屈は指先がつま先に届くまでになったんですよ。

そんなわけで、今年はヨガ始めたいと思います♪


e0171951_750466.jpg
津軽こけし館では、ひなこけし展が始まりました。
こけしに季語があるとしたら、やっぱり冬、でしょうね。
ワタシもそろそろコケーシカに行きたくなってきました・・・
[PR]
by sibafuki | 2013-01-14 08:18 | こけし

雪やけこけし

e0171951_903138.jpg
栗駒山は秋田、岩手、宮城の3県にまたがっている山で、昔、“剛力”と呼ばれる、湯治客や荷物を運ぶ人たちがおり、残雪の険しい山道を往復していたと言います。
その、赤黒く雪やけした剛力の夫婦が、この、雪やけこけし、です。

桜やけやき、かえでなど、彫られる木の素材はその時々で違うそうです。

汗にまみれ、つつましく、力強く暮らした人たちの、優しい表情が浮かんでくるようなこけし、ですね。


すぐに楽をしたがる自分が恥ずかしいですわ;;;
[PR]
by sibafuki | 2012-09-13 09:20 | こけし

こけし郵便

e0171951_832540.jpg
以前、こけし郵便をもらったので、私も友人に残暑見舞い代わりに送ってみました。
ボーダー柄が爽やか~で夏っぽい(?)でしょう!
なんとなく、木村カエラちゃんがこけしになったみたい。。。

ポストへ投函するのは少々心配だったので、直接窓口へ。

最寄の局には、職員がたいてい3人いるのですが、一人としてこけし郵便を知らないらしく;;;
本当にこのまま送れるものなのか、顔を付き合わせて、悩まれてしまいました・・・
「大丈夫、120円で送れますって書いてあるし、私ももらったことありますよ。」
と、私が言ってるのに、最後まで「信じがたい」という表情は消えることがありませんでした002.gif

ちゃんと送ってくれたかなぁーー
[PR]
by sibafuki | 2012-08-16 08:42 | こけし

“たまゆき”

e0171951_7112997.jpg

久しぶりに、キュンとくるこけしグッズ、を見つけました♪
セルロイドの栞。
福井県鯖江市、といえばメガネ、ですね。
そこのメガネ職人の手作り栞だそうですよ。
二人いたのですが、私はこちらの“たまゆき”さんにしました。
[PR]
by sibafuki | 2012-08-04 07:15 | こけし