ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

2010年 07月 10日 ( 2 )

「インパラの朝」

支援て、ボランティアってなんだろう。
貧しさって、豊かさってどういうことだろう。
今までにも折に触れ考えたことはあったけど、でも・・・よくわからない。
分かったような気持ちになったことはあっても、時間がたっていくと結局、やっぱり、よくわからないのだ。

西アフリカの章で中村安希さんは言っていた。
先進国で不要になった車やバイクやパソコンが、リサイクルとして途上国へ輸出される。
そして、その古い車やバスが排気ガスを撒き散らし、大気汚染を起こすのだそうだ。
その後、壊れたそれらは行き場を失くし、森や砂漠に捨てられたり、スラムの住宅街で鉄くずとなって錆着き、漏れたエンジンオイルが染み込み汚泥をつくる。

そうならないために少しの予算を削り、メンテナンスの知恵、再活用のための体制を整えてはどうか、と安希さんは言う。
そしてそういう“ささやかな”支援が先進国で好まれない理由もあげている。

幸せに生きていく基準が、生まれた国がどこかによって、変わってしまう。
それは悲しいことに思われがちで、確かにそういう部分もあるけど、でも、そうでもないかも・・・と思った。
不幸なのは、幸せの基準を押し付けられることで、大切にしてきたものを奪われていくことだと思う。
そして、時としてそれが支援とか、国際協力と呼ばれてしまうことだ。
安希さんが出会ったウガンダの子どもたちのもとには、あまりボランティアが来たがらないらしいけれど、子どもたちが不幸そうには思えなかったから。

「インパラの朝」は高校の課題図書になっているらしい(なので、一週間しか借りられず、必死に読んだ)。
本当に、多くの高校生が読んでくれればいいと思う(娘含・・・)。
別に感想文なんて書かなくていいし、どう思ったかなんて言わなくていい。
ただ、自分の心の中で、知らなかった事実を受け止めるために、もやもやと葛藤したらいいと思う。

私にとっても・・・知りたいことも、知りたくないことも含めて、まだまだ世界は知らないことばかりだ。

この本を読むきっかけを作ってくれたKさん、ありがとう。
[PR]
by sibafuki | 2010-07-10 12:15 | 本棚

2才。

e0171951_911994.jpg
7月9日、ふきちゃん2才になりました。おめでとう。
ヒトで言えば22歳前後らしい。彼氏の一人もほしいお年頃ですね♪

e0171951_9121325.jpg
ふきちゃん3ヶ月。何かというと噛みつき、飛びつくので、家族は腕が傷だらけだった頃。

e0171951_9123760.jpg
誕生日プレゼント、というわけではないけど、キャリーハウス(扉、今は外してますが)を買いました。
万が一に備えて必需品。
[PR]
by sibafuki | 2010-07-10 09:24