ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

出窓

e0171951_9271767.jpg

ここは台所の出窓です。
今は、誕生日に貰った、りんごの形のバスケット?を置いてます。
中身もりんご。
ダッフィーが座ってるときもあるし、花を飾るときもある。
この出窓、家の側面に向いていて、人通りもあまりないので、目を向けてくれる人はほとんどない。
空き地越しの道からは、遠くて、たぶんよく見えないと思うし。

安房直子さんの童話に『夕日の国』というお話がある。
男の子がスポーツ店をやっているお父さんから、小さなショーウィンドウのディスプレイを任されるところから始まるお話。
男の子は、オレンジ色の壁紙を貼って、縄跳びのひもと運動靴を飾る。
縄跳びをしながら、遠いオレンジ色の国へ行こう、そんなテーマ。

男の子が任されたのも、行き止まりの横丁に面した、人目にはほとんど触れることのない、小さな窓。
家の台所の出窓に何かを飾るとき、いつもこのお話を思い出す。

安房さんの童話は温かくてほのぼの・・・とは、ちょっと違う気がする。
心がザワザワとして、なんとなく薄ら寒いような気さえするときもある。

『夕日の国』はもうずいぶん前に読んだお話だけど、なぜかよく覚えている。
[PR]
by sibafuki | 2012-11-19 09:47 | 本棚 | Comments(4)
Commented by shibakoume at 2012-11-19 12:41
うちにも同じものがあります♪
うちのは時々ビローンと伸びてしまうことがありますけど・・・。

冬へ。の記事のふきちゃん、猫みたいでかわいい!
犬も両手を収納できるんですね、びっくり!
Commented by sibafuki at 2012-11-20 07:09
koumeさん♪
ビローン!そうなんですよねーー
頂いたとき、どんなふうに組み立てたらいいのかしばし悩みました;;;
だって、ビローンて・・・

手の収納、たまにやってますよ。
温めているわけではなさそうですけど。
Commented by そら豆 at 2012-11-20 09:17 x
mayuさんち、台所にこんな素敵な出窓があるんですね~♪
すごくりんごのバスケットが似合うな~。
私も東京にいた時の家は台所に窓があって
外を見ながら洗い物するのがうれしかったけど
マンションはお風呂場にも台所にも窓がないのが悲しいです。

「夕日の国」気になります。
mayuさんが本を紹介してくれる時の言葉というか文章がとても好きです。
うまく表現できないけど、なんか本を読んでるみたいな気分になります。
Commented by sibafuki at 2012-11-21 06:19
そら豆さん♪
昨日、よく窓を見たら、土ぼこりで結構汚れてました;;;
いくら人目に触れにくいとは言っても、たまには掃除をしなきゃだめね。
外を見ながら、楽しそうにお茶碗を洗うそら豆さん、可愛いわぁ。
マンションはどうしても密室になりがちですよね。

夕日の国のこと、そんな風に思ってもらえて、くすぐったいけど嬉しいです。そら豆さんもぜひ読んでみてください。
<< また、窓。 クリスマス柄、直感。 >>