ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

「ぼうし」

e0171951_835694.jpg

今年、ことり文庫さんにお願いしたクリスマスの一冊はコレ。
ジャン・ブレットの「ぼうし」です。
(クリスマスのお話、ってわけではないんだけどね。)

冬のアイテムをめぐる動物のお話で、真っ先に思い出すのは、ウクライナ民話の「てぶくろ」ですよね。
小さかった娘に読んであげるとき、動物の声色をそれっぽくして読むのが楽しかったなぁ。
ちなみに・・・得意だったのはおしゃれぎつね。
懐かしい♪

「ぼうし」はお話もとっても可愛くて、楽しいのですが、なんといっても絵がいい!
大好きな絵、です。
動物たちのしぐさや、振る舞いや、表情が、滑稽なくらい幸せに描かれているように感じて、それを眺めているだけで嬉しくなっちゃう絵本、です。

「ぼくも わたしも これで すてきな ぼうしもち!」
の場面、一枚の絵にして、貼っておきたいくらい。
朝起きて、この絵を見たら、きっと、いい一日になりそうな気がするから。


「ぼうし」 ほるぷ出版
ジャン・ブレット 作
松井るり子 訳


e0171951_8351713.jpg
ワタシ愛用の冬のぼうし。
[PR]
by sibafuki | 2011-12-21 08:58 | 本棚
<< 冬、なのに・・・ 冷蔵庫に。 >>