ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

ちひろさんの絵 1


e0171951_9593759.jpg

ちひろさんの絵は雨の風景が多い。
傘をさす子どもたちが、色とりどりに描かれる。
だから、この季節になると、あの静かな場所にあるちひろさんの絵を見に行きたくなる。

高校生の頃にちひろさんを知って、美術館に行ったり、絵本や画集を見たりしたけれど、その時々で惹かれる絵が違ってきたりする。
この『ゆびきりをする子ども』は、今、一番好きな絵だと思う。

二人ともうつむいていて、少し淋しげなんだけど、男の子のほうがどことなく仏頂面なのだ。
ゆびきりしよう、って女の子に言われて、少し照れてるのかな。
でも。
指の感じがどうにも、男の子から手を差し出しているようにも見えて、だとしたら、ちょっと違うなぁ・・・
二人のあいだにどんなことがあって、どんな話が交わされて、野原の中でゆびきりをすることになったのか、二人はこのあともう、一緒に遊ぶことはなかったのか、そんな永遠にわからないことを、絵を見るたびに考えてしまう。
黄色い花を持つ、女の子の手が印象的だ。

女の子のスカートのポケット。
男の子のひじあて。
二人の朱色のほっぺ。
1966年の絵だから、当時の子どもはみんなこんな感じだったんだろうな。
まだ、原画は見たことありません。
いつか、きっと、見れる。 そう思っています。
[PR]
by sibafuki | 2010-06-23 10:12 | いわさきちひろ
<< オソロの相手 ひとつめ。 >>