ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

本棚 その11

高校2年生の娘の髪は長い。
背中の真ん中くらいまであります。
小学生の頃は、それでも肩の辺りまで短くした事がありましたが、いわゆるショートヘアだった娘の記憶をたどっていくと、幼稚園に入る前、3歳くらいまでさかのぼってしまう。
そう、彼女は物心ついてから、ずっと、ショートにすることにはだんじて「No!!」でした。。。

たかどのほうこさんの絵本に出会ったのは、ちょうどそんな頃、娘が幼稚園くらいのとき。
彼女がこの絵本に興味を持ったのと、髪を切るのを嫌がったのは、なにか関係があったのかなぁ・・・と、今になって首をかしげる鈍い母です。

『まあちゃんのながいかみ』のまぁちゃんは、妄想の世界でぐんぐんぐんぐん、ぐるぐるぐるぐる髪を伸ばす。
その妄想のなんと奇想天外なこと。
それまでに私が出会った、日本の作者の絵本にはちょっとない発想。
ちょっとこれは、したくないな・・・と大人は思うような妄想も、子どもには刺激的だったのかも。
だって、こんなの、からまっちゃうじゃん、傷んじゃうじゃん、臭くなっちゃうしさーー・・・・・あーーダメじゃん、もう、絵本を楽しむ心を失ってますね;;;
でも、絵がとっても可愛らしくて(まあちゃんの妄想の世界はカラーで、お友達に話して聞かせる場面はモノクロなんですよ)、↑そう言いつつも大好きな絵本です。

このあと、たかどのほうこさんの児童書も読みました。
『時計坂の家』は図書館で借りて読んだので、手元にはないんだけど、そのミステリアスな世界にぐんぐん引き込まれていく本。
中学生くらいに戻って、夏休みに集中して読みたかった。
『十一月の扉』も最初は図書館の本でした。
文庫化されたので買ったのですが、ハードカバーの表紙の絵がすごくよかったなぁ。

そして『記憶の小瓶』はたかどのほうこさんの幼い頃を綴ったエッセイです。
まだ途中ですが、たかどのさんの言うように、自分の幼少期の記憶が呼び覚まされてきます。
それは、家にはまだ自動車もなく、ただリュックを背負って、お弁当を持って、家族で出かけるだけでも楽しくて仕方なかった、幸せな記憶です。

e0171951_13182245.jpg

たかどのほうこ(高楼方子)・作
『まあちゃんのながいかみ』 福音館書店
『十一月の扉』 新潮文庫
『記憶の小瓶』 クレヨンハウス
[PR]
by sibafuki | 2010-06-06 14:04 | 本棚
<< 当選金の行方 デッキ計画 >>