ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

本棚 その6

休みも半ばを過ぎました。
お掃除計画はまぁまぁ・・・ってとこです。
手強いモノはどうしても後回しにしてしまいがち。
今日はガス台&シンクまわりをやるぞーー、絶対やるぞーー

昨日は引き出しと本棚の整理をしました。
本て結構重くて、リビングの棚は本の重みでしなっています;;;
大変な事になる前になんとかしなきゃなぁ、とは思いつつ昨日まできてしまい、ようやく・・・
そしたら。
こんな懐かしいマンガを見つけてしまいましたよーー
e0171951_8465967.jpg
小さな恋のものがたり、あめんぼみたいに小さな女の子チッチとノッポのサリーの恋のお話です。
陸奥A子さんのマンガとともに幼き私の恋のバイブル!?的存在。
家にあったのは1巻~14巻までと、20,21,22巻。
読んでた頃を思い出すなぁ。
マンガの合間に綴られる詩(当時はポエム、などと呼ばれてましたね;;)も懐かしい。
チッチとサリーは一応恋人同士なんだけど、もう完全にチッチの片思い度が強くて、やきもち、わがまま、自己嫌悪、そしてマイナス妄想の繰り返し。
もうそこまで凹んじゃうの!?ってくらい。
でも、本当に可愛らしいチッチ。
さくらんぼとか、たんぽぽとか、シャボン玉とか、春の風とか、きんもくせいの香りとか、今年一番の雪とか、そういうものをこよなく愛する気持ちを持ち続けてる女の子。
そしてひとたびそれらに心奪われると、大好きなサリーが待ってることさえ忘れてしまう。
そんな無邪気なチッチを見て、クールなサリーも心安らぎ、きっと、やっぱり離れられない、って思うんじゃないかな。
時を経て、二人はどうなったんだろう。
トンコちゃんは、山下クンは、岸本さんは、スミレの彼女は、みんなまだ高校生で、きらきらした恋のさなかにいるんだろうか。
小さな恋のものがたりは今、41巻ぐらいまで出てるみたい。
すごいなぁ。みつはしちかこさんもお元気なんですね。

『ちいさな恋のものがたり』 みつはしちかこ
[PR]
by sibafuki | 2009-12-08 09:29 | 本棚
<< 変わった服 ソファー >>