ブログトップ

sawa sawa ・・・

sibafuki.exblog.jp

本棚 その4

e0171951_9224096.jpg
江國香織さんの文章が好きなので、新刊が出ると大概読む。
今回は山本容子さんのこんなステキなカバーが。
そして本体は華やかな花模様。本屋さんで見かけたら、ちょこっとカバーをめくってみてください。

雪だるまの雪子ちゃんは人が作った雪だるまではなくて『野生』の雪だるま!!なのだそうです。
一人で生まれ、一人で暮らしているけれど、記憶の中にはちゃんとお父さんもお母さんもいるんです。
そのへんの筋書きがとても楽しくて、面白くて、感心しながら読んでしまった。

私が江國さんの本のどこが好きなのかと言えば、多分ストーリーの展開とか、登場人物の生き方とか、そういう事じゃないような気がする。
江國さんの生み出す言葉とか、登場人物を包む風景とかモノとか色とか、物語には直接関係ない余分な(本当は余分じゃないかもしれなけど。)部分とか、そういうのに無性に惹かれてしまう。

愛犬、雨とのことを書いたエッセイの中で、江國さんが雨と一緒に絵本を読んだという話がありました。
雨は『本が大好き』なので、じっとして聞いておらず、本をくわえたり噛んだり大暴れをしていた、というような事が書かれてあり・・・
その一文を読んだとき、そんなふうに思う江國さんにあきれ返り、私はますます江國さんが好きになってしまったのでした。

『雪だるまの雪子ちゃん』 偕成社  江國香織
[PR]
by sibafuki | 2009-11-11 10:15 | 本棚 | Comments(5)
Commented by そら豆 at 2009-11-11 21:17 x
mayuさん、読んでいたのですね。
先日、本屋さんでこの本みつけて表紙の綺麗さに思わず手にとりました。
すごく欲しかったのだけど、その日お金がなくてあきらめて帰ってきたのです。
ますます読みたくなってきました。
山本容子さんも好きなものとあんまり好みでないのとあるのですが
この本の絵は好きです。
Commented by mayu at 2009-11-12 08:49 x
ハードカバーの新刊はちょっとお高め、ですもんね。
江國さんの本は何度も読み返すからOK、という言い訳を自分にしてます;;;
『雪子ちゃん』はファンタジーのような、でも本当にありそうな、不思議なお話しでした。
Commented by 琴子 at 2009-11-12 12:42 x
mayuさんの言われる
>江國さんの生み出す言葉とか、登場人物を包む風景とかモノとか色と  か、物語には直接関係ない余分な・・・

って、すごーく共感します。
たぶん、わたしもそうなんです。

「すいかの匂い」を読んだ時、匂いを文章からこんなに感じたのは
はじめてだー!と感動しました。
出るたび読まれるファンなんですね。
題名とか、装丁とか、ちょっと洒落ていて、わたしも好きです。
まだ読んでいないので、読んでみまーす。

ku:nelの、妹さんとの往復書簡のコーナーが、いつもとても楽しみです♪
”雨”なんて、なかなかつけない名前、ですよね。そこがまたステキです。
Commented by azu at 2009-11-12 20:32 x
私も江國さん♪好き。の一人です↑素敵な本みたいですね
最近手に取っていなかったので、久しぶりにまた読みたい気分です
急に思い出して、今、ウチの本棚を探しました
「ホリーガーデン」のあとがきにありました♪
~なぜだか昔から余分なものが好きです。それは誰かのことを知りたいと思ったら、その人の名前とか年齢とか職業とかではなく、その人が朝何を食べるのか、とかどこの歯磨きを使っているのかとか。。。。中略
余分なこと、無駄なこと、役に立たないこと、そういうものばかりでできている小説が書きたかった。余分な時間ほど美しい時間はないと思っています~って♪やっぱ、江國香織、イイなぁ
Commented by mayu at 2009-11-13 09:04 x
琴子さんへ
ku:nelが届くと(定期便で頼んでいます。特典のリネンクロスが楽しみだったのに今年は手ぬぐいでした。手ぬぐいも好きなんだけど、私的にはあの柄が・・うーーん;;;残念でした)往復書簡をいつも楽しみに読んでいます。あのひょろひょろ~とした文字がなんとも江國さんらしい♪と思いませんか?

azuさんへ
余分なものばかりで出来た小説!最高ですね♪江國さんの書く話は起承転結があまりなくて、気づくと終わっちゃったなあ、結局また変わりのない日常が始まっていくんだなあ、ってそんな読後感。そしてしばし、話に出てきた人たちのその後にぼーっと思いを馳せたりしてしまう。
それって魅力的な文章を書ける人にのみ成せる業、ですよね
<< 徒歩5分 ルームシューズ >>